【category】カテゴリー
ビューティ・美容
  コスメ・化粧品・スキンケア/エステ
ヘアケア
  ダイエット・ヘルシーボディ
ボディケア
ファッション
  レディースファッション
ジュエリー・時計・サングラス
  ブラ&ショーツ,ランジェリー
ベービー・キッズ
ライフ
  本・コミック・エンターテインメント
  食品・グルメ・料理・レシピ
ショッピング
  仕事・スクール・キャリア・お金
  住宅・家具・インテリア・キッチン
ウェルネス・健康
  サプリメント・健康食品
ハーブ・アロマ
  スポーツ・エクササイズ
旅行・トラベル
検索人気のヘアサロン検索
女医在籍 婦人科リンク集
ヒーりング&リラクゼーション癒し検索
女性施術&女性専門&美容整体検索
 
 
 

リバティ2U/540 
激安格安リビング仏壇

 
色には不思議な力があります。
住宅にあてはめると、カーペットの色を変えたり、カーテンの色を変えたりするだけでお部屋が涼しく感じたり、広くみえたりと、色はとても大きな影響を与えます。色をうまく使うことにより食事を美味しくしたり、居心地がいい空間をつくれたりすることができるのです。ラッキーカラーやアイテムを取り入れると、運気もパワーアップします。
の感じ方には次のようなものがあります。
寒色系 軽い色 膨張色 柔らかい色 派手な色 明るい色
暖色系 重い色 収縮色 硬い色 地味な色 暗い色

 

ンテリアの色彩を考える時に重要なのは、その部屋の機能と目的に合わせて考えることが大切です。
リビング キッチン 寝室 子供部屋

ゆったりとくつろぐことができる空間に!
お客様を通す部屋でもありますので、ソフトな印象になるようにまとめましょう。観葉植物の自然なグリーンの色等も取り入れると心が休まります。

食事が美味しくて楽しい空間に!
料理が美味しくみえて、食欲を増進させる色合いを使ってみましょう。
疲れを癒す場所なので、ゆっくりと休める空間に!
リラックスでき、沈静できる色を用いるといいです。

明るく、楽しく勉強できる空間に!
勉強が集中できるような色を組み合わせましょう。

 

色の特色

赤は元気な色といわれています。
赤をインテリアに取り入れると、部屋全体に活気をもたらしてくれます。
彩度の高い赤はシャープなので、直線的にではなく、曲線的に使うと際立ちます。
柔らかみがでて、ソフトな感じになります。
スタンドなどライトに組み合わせて、陰を作るようにするとお部屋全体に立体的な奥行きが出せます。
その際には白熱灯を使うようにしましょう。蛍光灯だと赤が紫がかってしまい不健康なイメージになってしまいます。
暖色系なので冬場に使うといいです。赤は暖かみを感じる色なのでクッションやソファーカバー、カーテン等に取り入れて使ってみましょう。赤色の部屋にいると30分しか経ってないのに、1時間近く経ったように感じます。
赤は食欲を刺激して食べ物を美味しく感じさせる色でもあります。ぜひ食卓へ取り入れてみてください。


赤系
青色は沈静効果があるとされています。
医学的にも血圧を下げ脈拍を下げる効果があると実験で確認されている程です。寒色系の代表といえる色です。
夏場はブルーの色を使って、インテリアを楽しみましょう。
涼しさを感じさせてくれます。白を組み合わせると、清潔感が出てきます。誠実さを感じさせてくれる色でもあり、部屋が片付いているイメージに仕上げてくれる面ももっています。
青系
高貴な色といわれています。
高級感を出したい時のインテリアに取り入れてみて下さい。
柄物は使わずに、同系色の濃淡を使って組み合わせると。大人の雰囲気を出すことが出来ます。
淡いピンク系を入れると柔らかさと甘さができます。
紫系
黄色の色は光に近い色です。
人の目には、前方に飛び出して近く大きくみえます。注意を喚起する標識に世界中で使われている色です。JIS(日本工業規格)では注意を表す色に規定されています。
黄色には「希望・幸福・健康・欲求」を象徴する外交的なイメージが強く、明るくて目を引くだけに広く使われています。
明るくて、華やいだ気分にさせてくれます。しかし膨張色でもあるので、黄色の面積が多いと光ってみえるので、疲れてしまいます。お部屋に使う場合は、他の色を組み合わせて使うといいでしょう。男の子の部屋で低学年であれば、ブルー系に黄色をいれると元気な印象のお部屋になります。
黄色系
オレンジ系はキッチン等に使うといいです。
新鮮さや若々しさなどのイメージを出すことができます。
ストレスがたまった時等は気分を爽快にしてくれる色でもあります。
テーブルクロスやランチョンマットをオレンジにするだけで、食欲が湧いてきます。オレンジに暖色系の色を組み合わせると、さんさんと日に照らされた大地のような暖かみをだすことが出来ます。観葉植物のグリーンの色を加えると、サンタフェ風のイメージになります。
オレンジ色の白熱灯
リラックス効果に優れ、人間の自律神経系統に作用して、食欲を引き起こすと同時に消化を良くすることが、実験で確かめられています。キッチン等は白熱灯を使うと食事が美味しく感じます。
オレンジ系
緑色は心に安らぎと調和をもたらしてくれる色です。
目にも美しく見え、気分をリラックスさせてくれます。
インテリアで使う場合は、自然の植物の色を取り入れるといいです。部屋の広さに合わせて、観葉植物をバランスよく配置しましょう。
緑系
白の部屋にするとシンプルにまとめることができます。
黒を入れるとモダンになり、木の素材をいれるとナチュラルな雰囲気を出すことができます。それから濃いめのブラウンと組み合わせると、お洒落で洗練されたイメージにすることが出来ます。
また、ビビットな色をアクセントに使うと、印象強いお部屋になります。でも、お部屋全体を白ばかりにすると、目が疲れてしまい殺風景になってしまいますので、生成色を組み合わせて柔らかさを出しましょう。お部屋をすっきりとした印象に見せることができ、広々とした感じをもたらしてくれます。
白系

 
niceladyonline.Com 2006 | Links | contact|